地域や企業にデジタルトランスフォーメーションを実現するための情報をお届けします

[セミナーレポート]JASISA×インフォマート 経営力アップシリーズ「買い手を動かす情報活用術」

7月12日、福岡市にてセミナー JASISA×インフォマート 経営力アップシリーズ「食品販売企業の売上に直結する 買い手を動かす情報活用術」を開催しました。
http://www.foodsinfomart.com/shoudan/seminar/2012_2/index_2.asp 

当日会場には、30名近くの方が集まってくださいました。

第1部はJASISAビジネスプロデューサーの古山田恭高さんによる「戦略的『ICT経営』実践への提案」のセミナー。中小企業では、ICT(ITとも言います)を活用した経営がまだまだ進んでいない企業も多い中、今、ICTを経営に取り入れるとはどういうことなのか、なぜそうする必要があるのか、という点についてお話いただきました。
顧客名簿を紙で管理している、名刺が机の上に山積みになっている、商品のレシピや作業の手順がベテランの頭の中だけにあってデータとして残されていない、経営者が戦略を考えずに、手当たり次第に何か新しいツールを導入している・・・。
あなたの周りでもそのようなことが起こっていませんか?
ICT経営は、紙の管理をデジタルで管理すること、顧客情報を社員が必要な時にいつでも見れるようにアップデートしておくことというところからでも始められます。IT化の必要性の気づき、情報を営業活動に活かす秘訣について学ぶことが出来ました。
kaijyo.jpg
第2部は、株式会社インフォマートの上野高志さんが、生産者~メーカー~卸企業まで、現在、全国約1,900社の食品販売企業が利用する営業ツール
「ASP商談システム」について最新の導入企業事例をご紹介しながら、システムのデモンストレーションも含めてご案内いただきました。
システムの機能だけではなく、活用の仕方などもきめ細かくお話いただき、活用イメージを持っていただけたのではないかと思います。
ueno.jpg
食品業界の販路拡大については、なかなかエリアが広がらないと悩む企業も多いものですが、このシステムの導入をきっかけに、他地域へ営業活動を広げることもでき、他地域のニーズの把握や、商談をスムーズに進めることもできます。また商品(食材)のカタログをきちんと作成して、営業活動に活かすことができるなど様々な利点があります。
「食品販売企業の売上に直結する 買い手を動かす情報活用術」は、今回はまた違うテーマで今後も展開します!
7月20日(東京) ⇒営業
8月7日(東京)⇒営業
8月9日(福岡)⇒食のトレンド、情報発信
JASISAビジネスプロデューサーとインフォマート社の講師の方が
今回のようにIT導入で経営力をあげるヒントと実際の仕組みの活用について
お話します!!
ぜひ、お越しください!
※お申込みの際は、経革広場ブログを見て、とお書きください!
また、JASISAでは、会員として、情報化の支援、経営の支援にかかわるセミナーの講師をしてくださる方を募集しています。
詳しくは、JASISA事務局までお問い合わせください!http://www.biz-solution.org/inquiry/index.html
SNSでフォローする