経革広場は、地域や組織の変革に取り組む人たちがつながる場です。変革に取り組む人の日々の活動やノウハウを発信し、地域や業種や世代にとらわれない連携を促進します。

全国クラウド活用大賞福津大会を開催。九州総合通信局長賞と福津市長賞が決定!

こんにちは、一般社団法人日本中小企業情報化支援協議会(JASISA)運営事務局です。
2018年9月25日(火)に全国クラウド活用大賞の地方大会「全国クラウド活用大賞in福津」が開催されました。
本コンテストは、クラウドサービスの活用により業務効率化等に取り組む企業の優良事例を表彰し、九州地方の企業等へのクラウドサービスの普及促進を図ることを目的として開催されました。
書類審査を通過した、以下6社のファイナリストが、プレゼンテーションを行いました。

株式会社ハピクロ

株式会社OZ Company

株式会社イーハイブ

株式会社セリタ建設

株式会社お掃除でつくるやさしい未来

株式会社ダイワ

どの企業もクラウド・ICTの特性を理解して業務時間の削減だけではなく、新しいビジネスを構築していたことが印象的でした。

週休3日、週32時間労働でも業績アップ。国東時間の挑戦


プレゼンテーション終了後は、国東時間株式会社 代表取締役社長松岡 勇樹さんをゲストに迎えたトークセッション。
「柔軟な働き方を取り入れることと業績アップは別問題」「週3日勤務にしたら離職率がアップした」「週32時間で成果を求められるのは実はかなりシビア」などなどマスコミでは語られないようなお話をたっぷりとしていただきました。

九州総合通信局長賞と福津市長賞を手にしたのはこの2社!

審査員審査と会場のみなさんの投票によって選出される九州総合通信局長賞と福津市長賞。
受賞したのは次の2社でした!
受賞した2社は、2018年10月22日東京で行われる決勝大会に進出いたします。

九州総合通信局長賞:株式会社お掃除でつくるやさしい未来

福津市長賞:株式会社ダイワ

株式会社お掃除でつくるやさしい未来さん、株式会社ダイワさんおめでとうございます!
全国でも九州のクラウド活用熱を伝えてきてください!

レベルの高い、九州


表彰式のあとは、一般社団法人クラウド活用・地域ICT投資促進協議会野水理事による講評。
全国で働き方改革セミナーの講師やコンテストへ出席をしている野水理事。
「どの登壇者もレベルが高い!少ない人数で広域でビジネスを展開されているし、クラウドの特性をビジネスに適用できている」とのこと。
JASISAでもクラウドやICTを活用した新規事業創造支援をさらに進めていこうと思った次第です。

さいごは参加者全員で集合写真をとりました!
今回のクラウド活用大賞は全国5ヶ所で開催されていて九州エリアでは福岡県福津市での開催でした。
地域の事業者から事業者へクラウド活用のノウハウを伝えるという流れをつくるべく、今後もJASISAでは自治体様と連携して、
コンテストやクラウド活用のプロジェクトを行っていく予定です。
ご一緒してくださる自治体様やご関心のある企業様は一度ご連絡ください!
▼お問い合わせはこちらから
https://v.rentalserver.jp/biz-solution.org/inquiry/

SNSでフォローする