地域や企業にデジタルトランスフォーメーションを実現するための情報をお届けします

第1回 これってIT化?

はじめまして、全国IT推進研究会に所属しています、税理士・ITコーディネータの村瀬と申します。今月から3ヶ月間このコラムの担当をさせていただきます。IT系のコンサルタントの方々は、通常それなりの規模の会社を相手にされていることが多いのですが、私は本業が税理士ですので、中小企業・・・というよりも多くが零細企業と言える規模の会社を相手に日々の仕事をしています。そうした経験の中で気づいたこと、感じたことをお話したいと思います。

 このページをご覧になっている方は、IT系の活用について、少なくともそれなりの興味と実践をされている方々であろうと思います。したがって、会社においてもITの活用はそれなりに行われていることと思います。では、皆さんの会社でITの活用とは実際何に使われているのでしょうか?

 このことは、日本の中小企業がどのようなシステムを導入しているかを考えると、おおよそわかると思います。日本の中小企業においては、サーバーを中心としたネットワークとしての基幹系システムと言えるようなシステムの導入は、いっこうに進んでいないと言われています。しかし、PCもインターネットも着実に普及しているはずです。

 こうして考えると、結局、日本の中小零細企業におけるIT化の現状はどうなのでしょう。たしかに、PCは入っている。インターネットも普及した。でも、その使われ方は、依然として各部門の業務システム、つまり、財務管理・販売管理・人事管理などの各業務管理のパッケージソフトの導入+インターネットにとどまっているのが現状であろうということです。

 いや、別に業務用のパッケージソフトの導入がいけないと言っているわけではありません。もともと、自社用に独自システムを開発したら、ベースが数千万円単位になってしまい、メンテナンス費用も考えると、中小零細企業にそう簡単に入るものではありません。まずはパッケージソフトからになるのは理にかなっています。インターネットに繋げるのはもちろん必要ですし、いまどきホームページの一つも持っているのは当たり前でしょう。ただ、私がいつも思うのは、「これがITなのか?」という疑問です。

 日本の中小企業にPCと業務用パッケージソフトが入っていった過程を振り返ってみましょう。たぶん、多くの企業で導入のパターンは二つあったと思います。

 一つは、販売管理ソフトから導入した企業です。これは、最初のPC導入の動機が「印刷した請求書」をお客様に渡したかった企業です。実際、かなりの企業がきっかけはこれではないでしょうか。自分の会社だけ手書きの請求書では、お客様への印象が悪いということでしょう。また、金額を自動で集計して手間を省きたいということも当然あったと思います。

 もう一つのきっかけは、たぶん会計ソフトの導入です。PCは数字の計算をさせるのが一番なじみやすい機械ですから、業務用ソフトの中でもPCに載せやすかったと思います。
顧問の会計事務所の導入提案は、きっかけになったろうと思います。この場合は、手書きの帳簿を本当にきちんと書くのは、実は結構大変なのだということがあります。きちんと簿記の勉強をした人が社内にいれば良いのですが、そうとは限りません。その点、会計ソフトは出納帳の残高を自動で集計してくれます。そして、訂正や書き直しのない、きれいな出納帳を印刷することができます。

 ここで大事なことは、結局日本の中小企業におけるIT導入は、もともと、「自動集計」+「清書」マシーンとして導入が始まったということです。

 さて、その後ITの技術は日進月歩で進み、ハードの低コスト化やソフトの開発も進展しました。業務用パッケージソフトも低価格化とシリーズ化が進みました。会計ソフトは財務管理システムに、請求書発行ソフトは販売管理システムに、給与計算ソフトは給与管理システムなどに発展してきています。しかし、バージョンアップする度に様々な機能が付加されてきてはいるものの、そこで得られた情報はどのように活かされ、使われているのでしょうか?

 たとえば、財務ソフトにおいては、日々の取引を記帳し、現預金の出納帳以下の帳票が出力されます。たしかに、必要な帳票はきちんと出力され保管される必要はあるのですが、出力するだけなら、「清書マシーン」と何ら変わりません。そこで得られた情報が、有用に経営に活かされて、初めて企業情報システムたりえるはずです。予算と実績との対比から先行きを予測し、その乖離にたいして何らかの対策が検討され、対応が実行されて初めて意味があると思うのです。

 多くの中小企業でパッケージソフトが導入され、業務の処理に現実に利用されています。しかし、入力された結果が出力され、報告されるだけに終わってるのではないでしょうか。

 このコラムを見ているあなたの会社では、ひとそろいの業務用パッケージソフトは導入されていますか?インターネットは使ってますよね。ホームページもありますか?それで、日々の業務の処理には使えてますよね。事務の女の子の人数減らせたかもしれませんね。でも、そこから得られた情報が経営情報として活用されているでしょうか。

 それで、お聞きします。あなたの会社、「IT」化されてますか?

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA