地域や企業にデジタルトランスフォーメーションを実現するための情報をお届けします

セール&リースバックで自宅を競売から守る

私は、常にできるだけ現状を維持した状態で事業再生に取り組んでいくべきだと思っております。なぜなら、たとえいくら債権者との交渉(リスケ、DES、DDS、事業譲渡、会社分割etc)がうまく進んでも、生活の基盤である自宅を失ってしまったのでは一家離散ということにもなりかねません。

 

通常、法人企業の代表者は債務の連帯保証人になっています。この場合は、事業再生の傍ら債務返済のために自宅売却を債権者から迫られることになります。

 

この悲惨な事態を避けるために、自宅を予め依頼している協力者(親類、縁故者等)に任意売却する方法が考えられます。近年では住居は普通購入時よりも価格は下落しているのが普通です。

 

購入時5000万の家が現在価値は2500万と言う例は少なくありません。この場合、債権額5000万に対して時価の2500万円で任意売却し、抵当権をはずしてもらいます。その後、所有者となった協力者から時期を見て自宅を買い戻すのです。任意売却後の無担保債権は、サービサー(債権回収業)に売却されるのが一般的です。この無担保債権を後日の交渉において100万~300万円程度で債権消滅させます。

 

このような交渉を粘り強くやることによって、5000-(2500+100~300)=2400~2200万円の債務圧縮をさせることができます。

 

債権交渉における留意点をいくつかご案内します。まずは、債権者との交渉ツールとして、不動産鑑定書と買付証明書を用意します。そのほか、すぐに買い戻し費用が用意できない場合もあります。この場合は、資金を用意できるまでの間、協力者から自宅を賃借します。なお、協力者がどうしても見つからない時は、リースバック専門業者も存在しますので、相談してみましょう。最後まで絶対に諦めない、諦めたくない!の強い思いが現状を打破し、再生へと向かっていくのです。

 

NPO関西事業再生支援センター 会員
ブロードウイング株式会社 代表取締役 古谷勝彦

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA