地域や企業にデジタルトランスフォーメーションを実現するための情報をお届けします

企業再建実務講座・第 1 回

コラム・連載

皆さんこんにちは。NPO西日本事業支援機構の小西吾郎と申します。
全国各地の中小企業を再建するべく社長様の頼れる(?)相談相手として日夜奔走しております。企業再建の正しい考え方・ノウハウを広く知ってもらおうと、今回から中小企業の経営者様を対象にした企業再建のノウハウを解説していきます。まずは皆さんの多くにとって敷居が高い金融機関の手の内を知る必要があります。

 

(1) 銀行は中小企業のどこを見ているか?

私が銀行員だった 1980 年代は黒字の会社が良い会社で赤字は勿論のこと、債務超過の会社は論外でした。しかし今は銀行の審査も随分様変わりしており主に以下の 2 つが審査時のポイントとなります。

  

 1.債務超過の償還年数

債務超過であっても 3 年程度で解消できる金額であれば概ね問題ありません。
審査に占めるウェイトは 30 %ぐらいです。 

 

 2.総借入金(或いは無担保借入金)の償還年数

総借入金(或いは無担保借入金)を完済するまでに何年かかるかの視点です。
都市銀行 7 ~ 10 年以内、地方銀行 10 年以内、信金・信組・政府系 10 ~ 15 年以内であれば合格です。
審査に占めるこちらのウェイトは 70 %ぐらいで融資が出るか出ないかの決定的要因となります。

 

 

我々の仕事の一つは、この年数に収まるように既存の借入金を圧縮していくお手伝いをすることです。

 

NPO法人西日本事業支援機構  小西吾郎

SNSでフォローする