地域や企業にデジタルトランスフォーメーションを実現するための情報をお届けします

再生の覚悟①

生々しい話ですから、相談者の事業内容、借金の額などその内容は割愛いたします。
その相談者をここでは親しみを込めて「ハッちゃん」と呼ぶことに致します。ハッちゃんは
ある日、飛び込みで私の事務所に来たのです。頭はやや薄く、小太り、日に焼けて、
健康そのものの男です。年齢は六五歳前後とお考え下さい。何回かの面談の後、とりあえ
ず資金の内部留保を図らねばならないことがわかりました。そこで借入金の返済猶予をお
願いするため、訪問日の打ち合わせをして、一日で金融機関五行を廻ることにしました。
どの金融機関も好意的に、話を聴いてくれました。銀行にはハッちゃんの経済状況の話を
して、銀行のスタンスを観察し、返済猶予を願うにあたり具体的にどのような手続きをすれば
よいかを確認するためのものでした。ハッちゃんとはある駅で待ち合わせをして、ハッちゃん
の車で廻ることになっていたのですが、待ち合わせの朝、何と彼は高級外車で来たのです。
勿論高級外車のまま、銀行の窓口を訪問するわけではありません。車は駐車場に置きます。
銀行にはハッちゃんが、どのような車で訪れたのかは分かりませんが、借金の返済猶予のお
願いにいくのですから、本当なら軽トラックぐらいの方が良いに決まっています。ハッちゃん、
本当に事業を再生する覚悟を持ってのやろか、というのが、当日の印象でした。その後この
不安は的中します。

税理士  倉矢 勇
倉矢勇税理士事務所所長
URL:http://kuraya-osaka.jp/index.phtml

 

お客様の繁栄がわが事務所の喜びです
われわれは、お客様が正しい繁栄をされるように力を尽くします

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA