地域や企業にデジタルトランスフォーメーションを実現するための情報をお届けします

再生の覚悟②

事業再生というと、なんやしら小難しいように思われるかも知れませんが、問題解決の優先
度を決め、一つずつ実績を積み上げていくだけの話です。問題を解決には、プロの手が必
要となるわけですが、「財務のプロ」「銀行交渉のプロ」「不動産のプロ」は最低必要だと考
えています。それと再生にかかったときには、ベテランの「事業コンサルタント」も必要にな
る場合があります。銀行を廻るまで、ハッちゃんとは面談を何回か繰り返しました。そのな
かで、私もハッちゃんの再生にはどの局面でどのプロに相談をかけ、どのような最終決着
に持っていけるかのイメージを膨らましていくわけです。事業が破綻するというのは、時代
的背景も然ることながら、矢張りハッちゃんの性向なり、考え方なりに負うところが多いの
も事実です。ここでハッちゃんの人柄について触れておきます。本人は見た目には明るく、
お金に困っている素振りはありません。またハッちゃんは会社において2つの事業体を持っ
ていました。その事業の他、個人でも不動産賃貸事業をしており、いずれも借金まみれでし
た。最初ハッちゃんは私に二種類の名刺を出しました。それぞれの事業体ごとに名称も違っ
ています。本名以外にも、通称名を書いてあり、明らかにゲンを担いだような勇ましい名前
がついてありました。それに名刺の台紙も、会社の封筒もすべて黄色でした。なぜ黄色なの
かと尋ねると、縁起のよい色だからという回答を得ました。こうしたところから、ハッちゃんは
これまでムードを大切にしながら、自分の思い通りに生きてきて、それで人生の前半はそれ
なりに成功を収めたのであろうと推察した次第です。

税理士  倉矢 勇
倉矢勇税理士事務所所長
URL:http://kuraya-osaka.jp/index.phtml

 

お客様の繁栄がわが事務所の喜びです
われわれは、お客様が正しい繁栄をされるように力を尽くします

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA