地域や企業にデジタルトランスフォーメーションを実現するための情報をお届けします

ドキュメンタリー・レポート ~ 石川銀行破綻の爪跡 ~ 3

コラム・連載
7. 銀行廻り
平成 21 年 7 月 3 日、10 ページに及ぶ融資申込書と決算書など、厚さにして 8 センチほどの
資料を山のように携えて、朝から銀行廻りをスタートした。
一行につき説明に 30 分、質疑に 30 分、合計約 1 時間の内容である。同じ内容の繰り返しと暑さで、
頭が廻らず意識が朦朧としてくる。元気付けに昼食は好物の蕎麦にしてもらった。
翌日も同じ事を繰り返し、合計 8 か所の金融機関を訪問した。
最初の銀行で指摘されたことを、次に訪問する先での説明に織り交ぜていく。後に行くほど、
説明が洗練されてくるので、本命の金融機関を午後の最後に訪問する予定を組んだ。
この辺りの工夫は、場数の賜物かも知れない。
同じ銀行でも、新任の支店長がいる店を選ぶ。銀行マンにとって「支店長になる」ことは
大きな目標である。そして支店長のその後の処遇は、支店長として最初に着任した支店での
成績で決まってくる。よって、新任の支店長には多少無理をしてでも融資の成績を上げようと
する心理が働く。どこの支店の支店長が新任なのかは、日経新聞などに載るので、その情報
を活用する。
約 1 か月の検討の後、訪問した 8 か所の銀行のうち、3 つの銀行が前向きに検討してくれる
こととなった。
その 3 つの銀行では、整理回収機構送りになった点は、説明の甲斐があってか、理解を得ら
れたものの、新規取引なのでどの金融機関からも保証協会の利用を条件とされた。焦げ付いた
場合に、金融機関が貸し付けた金額の 80% を保証協会が負担してくれるからである。
8. 保証協会
銀行を訪問した翌々週、信用保証協会を訪問し、経緯の説明と保証の依頼を行った。
経緯の説明はもうこれで 9 回目である。10 ページの内容全文を完全に暗記してしまった。
保証協会には、様々な保証のメニューがある。運転資金、設備資金、円高対策資金、等など。
逆に言うと、メニューに当てはまらないイレギュラーな融資には保証は付けられないということだ。
今回の融資は強いて言えば「再生資金」に該当するらしい。
・企業の過大な債務が、整理回収機構に移管される
・県の再生支援機構や商工会が、その企業を調査する
・調査の結果、再生可能と判断されれば、保証協会が 1 億円の保証をつける
・その保証を元に、銀行が 1 億円の融資をする
・その融資金で、銀行が整理回収機構から債権を買い取る
・企業は、銀行に 1 億円の返済を行う
ところが今回は、この銀行の役割を先に SPC が担っていた。また、 SPC の当初の所在地が、
ラブホテルであったことも大きな問題となった。SPC が購入した債権の債務者企業の住所を、
彼らが借用したものと思われた。
保証協会の担当者はとても熱心に話を聞いてくれ、また M 社長に同情的であった。
結局、理事会にまで諮って貰ったのであるが、最終的には保証は見送りとなってしまった。
大きな理由は、仮に保証を付けて融資を許容した場合、その資金は SPC への返済資金となる。
民間の金融コンサルティング会社の利益を確定させるために (1 億円- SPC が整理回収機構
から仕入れた金額 = SPC の利益)、国の保証を付与することは、制度に馴染まないという
理屈である。
平成 21 年 10 月初旬、保証協会の担当者から、保証見送りの電話が入った。この時点で、
私は正直、今回の融資は無理だろうと思った。整理回収機構送りになった案件、融資姿勢に
問題があるとされる日本振興銀行の会長が絡んでいる点 (逮捕されたのはもう少し後である)、
新規案件でプロパー融資の取組みとなる点、これらを考えたときに、普通の金融機関なら
好き好んで採り上げる案件では絶対に無いからである。

 

NPO西日本事業支援機構

http://www.npo-shien.org/

アドバイザー 寺島健二

SNSでフォローする