地域や企業にデジタルトランスフォーメーションを実現するための情報をお届けします

ドキュメンタリー・レポート ~ 石川銀行破綻の爪跡 ~ 4(最終回)

コラム・連載

9. 紆余曲折

平成 21 年 10 月下旬、再び銀行訪問をスタートした。前向きに検討してくれる姿勢が見られた銀行に、
保証がつかなかった事情を説明し、何とかプロパーで融資を検討してくれるように頭を下げた。

プロパーで融資をしてもらうには、次のような数々の問題があった。

(1) 個人への貸付

SPC からの借入金は、代表者個人宛のものであったので、銀行は個人の借金の肩代わり資金を貸す
ことになってしまう。初対面の還暦を迎えた一個人に、数千万円の貸付を、しかもプロパーで貸す銀行は、
普通は無い。

(2) 不動産の名義

銭湯の経営は法人にて行っていたが、担保となる不動産は代表者の個人所有であった。
個人への貸付が馴染まないとして法人に貸し付けようとしても、法人の決算書には担保となるべき不動産
が計上されておらず、他に目ぼしい資産もない。そんな法人に対して数千万円の融資をすることは、
無理があった。

さりとて、個人名義の不動産を法人名義にしてしまうと、税金や諸経費で、10 百万円程度の費用がかかる
ことが判明した。数千万円の借入をするために 10 百万円もの経緯をかけるのはナンセンスである。

(3) 劣後債務

劣後債務の 4 億円が残っている限り、決算書は大幅な債務超過のままであった。保証協会の保証が
つくなら、こちらの説明や弁護士の「請求されないでしょう」という意見書でも通ったものの、プロパー融資で
リスクが 100% となれば話は別である。

(4) 木村剛の逮捕

平成 21 年の途中から、木村剛が SPC の役員を退任した。更に SPC は、木村の影響力を排除するべく、
他の役員が MBO で独立し現在に至っている。従い、木村剛が逮捕されたことと融資検討当時のSPC には、
直接の関係は無いはずである。しかしながら、金融機関はそう簡単ではない。風評を気にするためか、
無関係であることを再三再四説明することになった。

(5) 公的資金

融資を前向きに検討してくれていた銀行に公的資金が入ることになった。国の管理下に置かれた訳で、
従前なら自分たちだけの審査で融資が出来たところ、その判断が一段高い機関に委ねられることになった。

10. 融資実行

平成 22 年 7 月 13 日、数多くの難題があったものの、ようやく融資が実行された。M 社長にお会いしてから 1 年 4 か月、最初の銀行訪問からちょうど 1 年が経過していた。

前項で書いた問題について、私どもがどう対応し解決したのかに関しては、大変長くなるので、紙面の都合上、
割愛せざるを得ない。しかし決して出し惜しみをするつもりは無いので、関心のある方は、どうぞ私どもに
直接連絡をお願いしたい。

再生アドバイザーである私が、半ば諦めかけていた案件であるにも拘らず、プロパー融資を勇断し、
そのために奔走して下さった K 銀行の U 支店長には、私自身、今も心から感謝している。

U 支店長をはじめ、この 1 年間にお世話になった方々や関係者の皆様に、この紙面をお借りして
心から御礼を申し上げたい。本当に有難うございました。

そして、石川銀行との係争が結審し、M 社長ご夫妻が投資した娘さんの結婚資金が無事に戻ることを、
祈念している。

 

NPO法人 西日本事業支援機構
http://www.npo-shien.org/

アドバイザー 寺島健二

〒520-0033
滋賀県大津市大門通3番10号
tel. 077-526-6900
fax 077-516-6947
info@npo-shien.org

SNSでフォローする