地域や企業にデジタルトランスフォーメーションを実現するための情報をお届けします

コロナ禍に晒される経営者だからこそ必要な経営計画の再構築

新型コロナウィルス感染防止対策の影響で一部の業種を除いて多くの企業において売上の急落や資金繰りの悪化に見舞われているようです。

筆者の支援先も例外ではなく、緊急事態宣言下の4月、5月は持続化給付金に係るアドバイスや新型コロナウィルス感染症特別貸付等の融資申請の助言指導をひっきりなしに行っています。

この助言指導において様々な業種や業態の経営者の話を伺うことができました。そこで窮地に立たされる経営の心内を感じることができました。新型コロナウィルスという未知なるものへの脅威と、未曽有の経済混乱への恐怖を感じた経営者に大きく2通りのタイプがありました。恐怖や混乱から思考停止に陥ってしまう「ネガティブ思考」な経営者と、情報収集に努め大局的な視野を以って対応策を考え実行する「ポジティブ思考」の経営者です。

前者のネガティブ志向の経営者は、日に日に増加する感染者数や感染経路不明者の多さを伝える報道から「なぜ感染が広がったのか?」「なぜ休業を強いられなければならないのか?」という、いわば起きてしまったこと=「過去」の情報について囚われてしまい、経営者や家計の責任者として成すべきことは何かを考えることができず、思考停止に陥ってしまっているようでした。

一方、ポジティブ思考の経営者は、TVや新聞等に溢れる緊急事態宣言などの経営に厳しい情報の中から「どうしたら事業を続けていけるのか?」、「大切な従業員の雇用を継続する方法はないのか」という「未来」を志向しています。そのうえで、「いまできること」を模索し、決断し実行しているように見えました。

私たちが見聞きしている、コロナウィルス感染抑止に係る外出や営業の自粛等のニュースは、得体のしれないウィルスによる経済や社会の困惑、混乱に係るものです。事業の経営課題や事業継続をするための問題解決に係るニュースではありません。経営者として思考すべきことは、その情報を「経営環境の変化」と受け止めて、いち早く経営戦略や経営計画の再構築をすべきなのです。

筆者は相談者に対して、いわゆる「Withコロナ」と言われる時代の中でポジティブ思考すべきです。必要以上に悲観的にならず、12カ月〜18カ月の経営戦略や財務戦略を立てることをお勧めしました。その経営計画書を今回の新型コロナウィルス対策の特別融資申し込みの際に任意で提出するよう助言を加えました。

経営計画書の作成を勧めた目的は、2つあります。ひとつは経営者としての自社の見通し決意を目論見書にし「見える化」することです。二つ目は、仮に根拠不足であっても他者(金融機関等)へ説明できるレベルまで計画の精度を上げることです。

計画策定において4月、5月の売上減少を数値で把握(予測)します。数値を出すことによって不安の見える化を行うことができます。経営者だけではなく従業員の不安を軽減できる可能性もあります。社員全員で「未来志向」する基礎が築けます。助言に基づき計画を作った会社は、従業員とアイデアを出し合える環境を実現できました。

ある飲食店では、経営計画策定を実行した結果として、大胆な業態転換を行い、緊急事態宣言発令当初において廃業を覚悟していたものの以降は回復基調を見せています。

経営計画によって指導先の経営者や従業員がポジティブ思考に向かうようになると、新型コロナウィルスの世界的蔓延という未経験の大きな課題に直面しても、速やかな情報集と分析を「経営の外部環境の変化」と捉え経営計画を再構築することによって前向きに乗り越えることができると実感しました。

今回の緊急事態宣言下で、様々な企業の有様を目の当たりにしたことで思い出したことがあります。筆者が独立する以前に、とある経営コンサルタント(大先輩)から教わったことで今でも大切にしている言葉です。

「我々コンサルタントは、クライアントに気づきを与えることだ。不足の充足ではない。たとえて言うなら食べ物に困っている者に魚を与えるのではなく、魚の捕り方を教えることだ」と。

筆者は、これからも経営者の方々へ「誰のために、何のために事業を続けるのか…?」を真摯に考えてもらえるよう、対話し、気づいてもらう助言を続けます。 ひきつづきNPO東日本の活動としても継続していきたいと考えております。

執筆者

高巣 忠好氏
認定経営革新等支援機関NPO東日本事業支援機構 理事長

1971年生まれ。愛知県豊田市出身。
時計・輸入雑貨量販店・ベンチャー系卸売会社・輸入卸売会社に勤務。チーフマネージャーを務め、コンサルティングファームに転職後独立。
「過去を否定せず、時流に合った方針・計画に書き直す」=アットリライトを理念として中小企業の経営改革支援や事業承継、事業再生の指導を実践している。
認定経営革新等支援機関NPO東日本事業支援機構[関財金1 第145 号] 事務局長

SNSでフォローする