地域や企業にデジタルトランスフォーメーションを実現するための情報をお届けします

マイナス金利が及ぼす 中小零細企業向け融資への影響

今月16日からいよいよマイナス金利政策が始まる。
マイナス金利とは、日銀に預金すれば金融機関が本来貰えるはずの金利を逆に日銀に支払わなくてはならない制度である。いわば貸し渋っている金融機関に融資を促す”発破”ともいえるが、マイナス金利が銀行経営を圧迫するのでは?という論調も多い。現に日銀の意図に反する円高株安が進んでおり、こうしたマイナス金利政策の副作用が企業収益や銀行収益に及ぼす影響も注視する必要がある。

政府も先日、マイナス金利の導入による金融機関への影響について「金融機関の経営に圧迫があると、銀行が企業に融資するなどの機能に衰えが出る。金融機関に金はあるが資金需要がないというのが日本の経済なので、金融機関の経営をよくモニタリングしていかなければならない」と述べ、金融機関の経営が圧迫されて中小企業への融資などに影響が出ないかどうか注視していく考えを示した。

今月号は「マイナス金利」が中小零細企業向け融資に及ぼす影響は?という視点で論じていきたい。一言でいえば中小企業の「淘汰」の始まりになるのではないか、と私は実は危惧している。金融機関はマイナス金利によるコスト増を補うために信用リスク(貸倒引当)を抑える方向に向かうとすると、これまでよりも中小零細企業への貸付の基準が厳しくなるのでは?と思うのである。

基準はそのままだが、「あらさがし」が増えるので基準が厳しくなったかのように感じ、やる気があって業績のいい会社には貸し付けられる一方で、やる気があっても業績のない会社には貸し渋る・・・という、決して「すべての企業が融資を受けやすくはならない」構図になるものと想定される。

中小企業の業績の善し悪しを判断する金融機関の指標となるのは目下財務諸表である。それだけでは計り知れないのも現状であるが、判断しているのも現実なのである。

我々コンサルタントから見て金融機関の担当者で「コイツできる!」と思しき担当者は、財務諸表はもちろんのこと、資金的体力・ビジネスモデルの将来性・実現性のある会社に注目している傾向が確かにある。

担当者が有能・無能と区別するつもりはないが、中小零細企業の経営者目線で有能の担当者といえば「希望を限りな
く実現してくれる担当者」であり、それは「自分たちの想いを稟議書に反映してくれる担当者」はではなかろうか?

一方、金融機関側からすれば将来性を重視したいがそれを証明しづらく、頼りになるのは浮世離れをしていない「実現可能性のある計画」であろう。
担当者に差こそあるが、最近の金融機関の動向や稟議の通る傾向を経営者のそばで見ていると、 いわゆる「できる」担当者は経済産業省発表の業種別の売り上げや指標をもとに計画の実現性・将来性を推し量っているのがわかる。

では「できない」担当者はというと財務諸表からしかよみとろうとしないのである。ゆえに担当者所見欄に将来性を書けないだけでなく、財務諸表だけしか見ないからそこからの「あら捜し」をはじめてしまう傾向を感じざるを得ない。とはいえ財務諸表では到底貸付は難しいといわれていながらビジネスモデルに将来性があることから融資申込の全額を借りられた企業も少なくない。

財務諸表しか手札がないというケースでは減点しかされず経営者側からしたら不利なのであって、「あらさがし」の対象である財務諸表しか手札がないのか、財務諸表とビジネスモデルという2つの手札を持っているか、によって金融機関の接し方も変わってくるのは想像に難くない。

総じて中小零細企業の経営者は、金融機関の担当者と対話できるようにして「手札」を増やすサポーターを必要としているのが現状であろう。
マイナス金利が融資に及ぼす悪影響が懸念される中、様々な中小零細企業の経営者から相談を受けアドバイスする我々NPO東日本事業支援機構は、中小零細企業の「思い」をもとにビジネスモデルをわかりやすく翻訳し、計画性・将来性があることを上手に表現し金融機関に伝えるサポート機能を更に高めていきたいと考えている。

——————————————————–

高巣忠好氏.jpg

執筆者:
アットリライト
NPO東日本事業支援機構
高巣 忠好

1971年生まれ。愛知県豊田市出身。時計・輸入雑貨量販店・ベンチャー系卸売会社・輸入卸売会社に勤務。チーフマネージャーを務め、コンサルティングファームに転職後独立。「過去を否定せず、時流に合った方針・計画に書き直す」=アットリライトを理念として中小企業の経営改革支援や事業承継、事業再生の指導を実践している。認定経営革新等支援機関NPO東日本事業支援機構[関財金1 第145 号] 事務局長。

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA