ビジネスの競争力をアップする!経営者のためのすぐわかるクラウド講座

第 10 回 : 今すぐ連絡を取りたい時に威力を発揮する クラウド サービス

ちょっとしたことで今すぐ連絡を取りたいが、携帯に電話するほどの用件ではない、また相手が電話に出ることができる状態かどうかわからないという場合があります。とは言え、電子メールで連絡した場合、いつ返事をもらえるかどうかわかりません。このようなビジネス上のお悩みを解決するサービスとして、マイクロソフトは、ネットワークを通じて実際の会話のように文字ベースで短い文章を即時にやり取りすることができるサービスをクラウド サービスとして提供しています。

インスタントメッセージを使って 迅速に手軽な コミュニケーションを実現

マイクロソフトのクラウド サービスには「インスタントメッセージング (チャット) 」の機能があり、インターネットさえつながっていれば、キーボードを使って即時にお互いにコミュニケーションを取り合えます。例えば、お客様の訪問中や商談中に不明点が生じた場合も、「インスタントメッセージング」を使って社内にいるメンバーに質問できるので、ビジネスをスピーディーに進められます。

文字による手軽なやり取り (インスタントメッセージング)

文字による手軽なやり取り (インスタントメッセージング)

相手の状況もクラウド サービスでわかる

コミュニケーションをとる前に、相手が応答可能なのか、会議中なのか、今忙しくて手が離せない状況なのかなど、相手の状態がわかると便利です。マイクロソフトのクラウド サービスには、相手が現在どのような状態であるかを示す 「信号」 のようなものが機能としてセットされています。下記の例では、今コミュニケーションを取りたい相手は、出張中だけど、インスタント メッセージングでのやり取りができることを示しています。これにより、迷うことなくすぐにコミュニケーションを開始できます。

相手が現在どのような状態であるかを示す信号「プレゼンス機能」

また、マイクロソフトのクラウド サービスは、各サービスで連携しているので、メールや予定表、ファイル共有のWEBページにも、相手の状況を示す「信号」が表示されています。どのクラウド サービスを使っていても相手の状況がわかるので、非常にコミュニケーションがとりやすくなります。

相手の状況がわかる ―メールの例
相手の状況がわかる ―ファイル共有のWEBページの例

マイクロソフトのクラウド サービス

マイクロソフトでは、中小企業のお客様に安価で信頼できるクラウド サービスを提供しています。詳細はこちらをご覧ください。

2011/11/29 16:28:47

  • 前の投稿

経営者のためのすぐわかる
クラウド講座
最近のエントリー


Google Adsense