ビジネスの競争力をアップする!経営者のためのすぐわかるクラウド講座

第 2 回 : クラウド サービスのコストメリット

第1回は、クラウドと従来のシステムの違いについて説明させていただきました。それぞれメリット、デメリットがありますので、自社のニーズに合うのはどちらかをよく検討する必要があります。今回はコストに注目して、クラウド サービスのメリットを考えます。

クラウド サービスと自社構築でかかるコスト

クラウド コンピューティングは、自社でサーバーなどのシステムを保有しないで、専門業者のサービスのみを利用しますので、システム構築費用がかからないのが大きなメリットです。ただし、自前でシステムを保有するのとは異なり、利用期間中はサービス利用料を支払い続ける必要があります。

一方、自社構築の場合は一度構築さえしてしまえば、クラウド サービスのようにサービス利用料を払い続ける必要はありません。一見、長期間の利用を考えると自社構築の方がコストが安いように感じますが、実際はしっかりと確認すると、意外なところにコストがかかっている場合があります。

トータルコストの考え方

自社でシステムを保有した場合、実は運用コストも考慮する必要があります。万一の場合のバックアップ、セキュリティ更新プログラムの適用などのセキュリティ管理、障害時の対応など様々な運用の負荷がかかります。システムを専門に運用する人員が少ない中小企業の場合は、他の業務と兼任で作業をする場合が多く、本来の業務に集中できなくなってしまうデメリットもあります。このように初期投資だけでなく、購入から運用、廃棄までトータルでかかるコストを考慮する考え方を、TCO (Total Cost of Ownership) と言います。システムの導入の際には、TCO の考え方が重要です。

コスト比較-クラウドサービスと自社構築

持家 (従来の自社で保有設置するシステム)
借家 (クラウド)

既存のシステムの運用費用を棚卸してみる

上記の TCO の考え方を既存の利用システムにはめて棚卸してみると、意外と費用がかかっていることが明らかになる場合があります。システムは自前で持っていないけれども、すでに運用費として固定費になっている部分があれば、それらを見直すことでコスト削減が可能になるかもしれません。例えば、メールシステムの場合、プロバイダーでメールサービスを契約しているケースが多いようです。その場合、ウイルスチェックや迷惑メールのフィルタリングサービスは別料金で加算され、トータルで意外とコストがかかっているケースがあります。最新のクラウド サービスを利用する方が、移行の費用を含めても、コストが削減できてより便利で高機能を使えるケースが多いです。

このように従来の自社で保有するシステムにもクラウドにも、メリット、デメリットがありますので、自社のニーズにどちらが合致するのかを検討する必要があります。一般的には初期投資と管理の手間がかからない、そしてすぐに始められるという観点で、人的リソースが少なくビジネスにスピードを求められる中小企業のお客様にはクラウドの方がメリットがある多いようです。

クラウド サービスの目に見えないコストメリット

中小企業の場合、自社構築ではコストがかかりすぎて手が届かないような高度なサービスを、クラウド サービスでは安価に使えるメリットがあります。コスト削減をしながら社員の生産性をあげ、競争力向上を図る機会が整ったと言えるでしょう。

マイクロソフトのクラウド サービス

マイクロソフトでは、中小企業のお客様に安価で信頼できるクラウド サービスを提供しています。詳細はこちらをご覧ください。

2011/11/29 16:13:50

  • 前の投稿

Google Adsense