中小企業のためのネットビジネス&キーワード最新事情

オウンドメディアのメリットとトリプルメディア


ネットマーケティングの世界で、「オウンドメディア」という言葉を聞く頻度が増えています。

オウンドメディアとは、一言で言うと「企業やブランド、サービス提供者が、自社で所有する情報発信メディア」を指します。2009年、アメリカのIT情報サイトで紹介されて以来、広く知られるようになりました。

トリプルメディアの分類と効果

オウンドメディアに対して、従来型の広告、宣伝媒体のメディアは「ペイドメディア」、TwitterやFacebookなどのSNS系のメディアは「アーンドメディア」と呼ばれます。これら3つのメディアを総称して「トリプルメディア」と言い、ネットマーケティングの戦略を考えるときのフレームワークとして語られています。

ここで、3つのメディアの特徴をそれぞれ整理してみましょう。

トリプルメディアの詳細

ペイドメディア

ペイドメディアは、その名の通り金銭を支払うことによって利用できるメディアを言います。広告、宣伝媒体全般を意味します。

ペイドメディアは広範なリーチ力があるため、認知の向上、集客、関心の喚起などに効果を発揮します。一方で、利用には都度金銭が必要となり、コストをよく考えて利用する必要があります。また、ペイドメディアを利用して発信できる情報量は限られる (CMの時間的な制限や、広告の紙面的な制限など) 側面があります。

アーンドメディア

アーンドメディアは、参加するユーザー用者全員が情報発信者となるメディアです。ソーシャルメディアやブログなどを指します。

アーンドメディアはユーザー自身が情報の拡散を行いため、広い伝播力があるメディアです。また、発信した情報に対して、別なユーザーが共感、信頼することで、さらに情報の拡散が加速していきます。一方で、アーンドメディア上では、各ユーザーがどのような形で情報をシェアするか、予想がつきません。商品やサービスに対する誤った情報が、そのまま拡散していく危険性も存在します。また、企業は、拡散する情報をコントロールすることができません。

オウンドメディア

オウンドメディアは、冒頭に説明したとおり、企業やブランド、サービス提供者が自ら所有するメディアです。ウェブサイトや自社ブログ、メールマガジンなどは、オウンドメディアの一つとなります。

オウンドメディアは所有者自身が管理・運営するメディアのため、情報量や内容をコントロールできる、というメリットがあります。正しい情報、伝えたい情報を発信することができるのです。一方で、オウンドメディアの情報は、それだけではなかなか拡散しません。伝播性、関心の喚起などについては、他の2つのほうが優れていると言えます。

トリプルメディアの効果的な連携を

これらのトリプルメディアは、それぞれ単体で活用するのではなく、効果的に連携を行うことが大事だと言えるでしょう。

トリプルメディアの連携サイクル

オウンドメディアで正しい情報、適切な情報を発信すること。その情報を、ペイドメディアを利用して広く告知し、認知を促すこと。オウンドメディアで発信している情報を、アーンドメディアを通じて拡散、伝播していくこと。

これら3つのサイクルをうまく回していくことで、ネットマーケティングの効果がより高まると言えるでしょう。

オウンドメディアの成功事例

オウンドメディアを実際に運用した成功事例が、オンライン上で公開されています。

netpr.jp

株式会社ニューズ・ツー・ユーが運営している「netpr.jp」のカテゴリ「ネットPR成功事例」には、実際にオウンドメディアをうまく活用して、ネットマーケティングを成功に導いた事例が数多く紹介されています。

オウンドメディアの施策に有効な資料

オウンドメディアによる施策を考えるときに、ぜひお薦めしたいのが以下の資料です。

サイゾーやGIMODOなどの雑誌・オンラインメディアを立ち上げ、現在はオウンドメディアを中心としたコンサルティングやソリューションを提供する、株式会社インフォバーン による資料です。オウンドメディアの第一人者として培ったノウハウを、惜しげも無く公開しています。

Movable Type によるオウンドメディア

シックス・アパートが開発している Movable Type は、オウンドメディアを運用するのにすぐれたツールです。それは以下の様な機能を標準で実装していることが理由です。

  • 多種多様な権限設定
  • リビジョン機能 (履歴管理)
  • マルチブログ機能
  • 公開設定の多様さ

これらの機能を組み合わせることで、多人数によるメディア運営が可能となり、オウンドメディアをより効率的に運用・構築していくことができます。

オウンドメディアの運用を始める場合、ぜひ一度導入をご検討ください。

2014/11/20 11:01:37

シックス・アパート株式会社 エバンジェリスト 長内毅志
シックス・アパート株式会社 エバンジェリスト 長内毅志

Movable Type プロダクトマネジャーを経て、現在、Movable Type エバンジェリスト兼デベロッパーリレーションマネジャー。

ワークスタイル変革教本vol.1 ワークスタイル変革教本vol.2

Google Adsense